健康のこと

健康のこと · 2018/11/12
2歳以下抗菌薬控えめに アレルギー発症リスク最大1.7倍
日中と朝晩の気温差も大きいですし、風邪のご相談で来られる方も増えてきました。 ただ、昔に比べると薬局・薬店に風邪薬を買いに来られる方は少なくなりました。 病院を受診する方が多いのではないでしょうか。 風邪の時、医師にかかると、抗生物質を出されることが多いのではないでしょうか?...
健康のこと · 2018/10/31
この世は、思った通りになるそうです。思った通りにならないよと思っている人が思った通りにならなかった場合、思った通りになっているので、やっぱりそれは思った通りになっています。
健康のこと · 2018/10/26
いろいろな健康情報が氾濫していたり、西洋医学にばかり偏っていたり、という現代において、「本当の健康」を考えたとき、私たちの固定観念をやぶる「5つのちがい」があります。その「5つのちがい」をご紹介します。  
健康のこと · 2018/10/25
今とても健康で病気知らずな人は、健康であるということが当たり前になっています。でも、こういった人たちも病気になって苦しい思いをした時に初めて、健康であることの有難さを感じるようになるそうです。特に日本人は病気になってから健康の有難さに気付く人が多いようです。普段から健康であることに感謝して、病気にならないように心がけておくことが肝心ですね。
健康のこと · 2014/02/13
薬局薬店は病気になってから行くということが多いと思いますが、当店では、「予防と養生」にも力を入れています。 「未病」という漢方の言葉を聞かれたことがあるかもしれませんが、未病とは未だ病まざる状態、すなわち病気と診断されてはいないが様々な不調や症状が見られる状態のことです。ちょうど「健康」と「病気」の間だといえるでしょう。...
健康のこと · 2013/10/19
私は子供の頃から歴史が好きで、小学校・中学校時代の一番の得意科目は歴史でした。また、「暴れん坊将軍」や「遠山の金さん」など時代劇が好きな子供でした。...
健康のこと · 2013/05/14
 最近、医師自身が現代医療に疑問を投げかける本などが非常に多く出ているような気がします。 51万部のベストセラーになっているという「医者に殺されない47の心得」という本は、著者の近藤誠医師が現代医療の悪いところを批判しておられます。内海聡医師が書いた「精神科は今日も、やりたい放題」という本も現代の精神医療を痛烈に批判しておられます。...
健康のこと · 2013/03/24
 先日、専門薬局の勉強会で表情筋セラピスト・上田真弓先生の「笑顔や笑いの効用」についてのお話を聴いてまいりました。 そのお話の中で、「頑張る」という言葉は「頑固に意地を張る」という意味にも取れる、と言われていました。さらに、「必死」という言葉は「必ず死ぬ」と書く、と言われてました。...
健康のこと · 2013/01/21
ほとんどの薬には副作用が存在すると言えます。「薬と毒物は全く別物」と考えている人もいるかもしれませんが、薬と毒物は必ずしも別物ではありません。...
健康のこと · 2012/11/08
私たちの体は、約60兆個の細胞から成り立っています。 そして、見かけ上はあまり変化がないように見えますが、ものすごいスピードで日々新しく生まれ変わっています。...

さらに表示する