養生法のこと

養生法のこと · 2019/05/17
東洋医学では、 食べ物を、 体を温めるもの、熱をとって冷やすもの、そのどちらでもないもの、 に分類しています。 なるべく温めるものを摂って、冷えるものは避けた方がいい と考えがちですが、 そうともいえません。 冷やし過ぎるのもよくないですが、 温めるものばかり摂って体を火照らすのもよくないからです。...
養生法のこと · 2019/05/09
イライラ、 不安、 くよくよ、 元気が出ない、 ・・・・ そんな精神の不調の時にどんな食べ物がいいか? を動画でお話ししました。 お時間あればご覧ください(13分19秒)       ↓ ↓ ↓
養生法のこと · 2019/05/04
明後日5月6日は、二十四節気のうちの一つ、「立夏」(りっか)です。 この日から立秋の前日までが、暦の上での夏です。 山々に緑が目立ち始め、夏の気配を感じ始める頃です。 春に始めたものにも慣れ、上達していく時期ですから貪欲に動いていきましょう。 冬に育み春に芽吹いた活動を形に表していく時期なのです。...
養生法のこと · 2019/05/03
昨日5月2日は「緑茶の日」だったそうです。
養生法のこと · 2019/04/19
明日4月20日は、二十四節気のうちの一つ、「穀雨」(こくう)です。 二十四節気の中の6番目の節気であり、春季の最後の節気です。 全ての穀物(百穀)をうるおす春の雨の意味で、けむるように降る雨は田畑を潤し、穀物などの生長を助ける時季。 暦の上では、穀物を潤す春の雨が降る頃とされ、農家にとっては、種蒔きの適期です。...
養生法のこと · 2019/04/16
明日4月17日~5月5日は、春の土用です。 うなぎを食べる夏の土用がおなじみですが、 実は土用は各季節にあります。 土用は季節の変わり目で、 立春、立夏、立秋、立冬の前、それぞれ18日間程度の期間 のことです。 ですから、立夏の前の約18日間ということで 明日からを「春の土用」といいます。 変わり目というのは、変化への対応が必要となり、...
養生法のこと · 2019/04/04
明日4月5日は、二十四節気のうちの一つ、清明(せいめい)です。 暦の上では、全てが生き生きとしてすがすがしく感じられる時期とされています。 昼の時間がますます長く、夜がさらに短くなり、自然界は陽気が豊かである一方、陰気が弱くなっていきます。 体の陽の気が上昇するため、体の上部の症状が起こりやすくなります。...
養生法のこと · 2019/03/20
明日3月21日は、二十四節気のうちの一つ、春分です。 この日、真東から昇った太陽は真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ等しくなります。 北半球ではこの日を境に、次第に昼が長く、夜が短くなります。 この日をはさんだ前後7日間が「春の彼岸」です。 「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、この日を境に寒さも峠を越して温和な季候となるとされます。...
養生法のこと · 2019/03/06
日本には四季があります。 季節や気候の変化にも、私たちの身体は非常に影響を受けています。 私たち人間は自然の一部であって、自然と同調して生きているわけですので、 季節の移り変わりにも適応しながら、健康を維持していく というのが東洋医学の考え方です。
養生法のこと · 2019/03/05
明日3月6日は、二十四節気のうちの一つ、「啓蟄」(けいちつ)です。 暦の上では、冬ごもりしていた虫たちも暖かさに誘われて動き始める頃とされています。 「啓」は、「ひらく」という意味。「蟄」は、虫などが冬眠するという意味です。 「啓蟄」は、冬ごもりをしていた虫などが暖かさに誘われて地上へ這い出してくることを表しているのです。...

さらに表示する