養生法のこと

養生法のこと · 2020/10/24
忘れてました・・・ 昨日10月23日は、二十四節気の一つ「霜降」でした。 「しもふり」ではなく、「そうこう」と読みます。 暦の上では、霜が降り始め冬の到来が感じられる頃とされます。 秋の燥気と霜が降り始めるような寒気のため、咳が出たり、寒さで風邪をひきやすくなる時期です。 首・手首・足首など冷やさないようにしましょう。...
養生法のこと · 2020/10/20
今日10月20日から11月6日までは、「秋の土用」です。 土用は季節の変わり目で、立春、立夏、立秋、立冬の前、 それぞれ18日間程度の期間のことです。 変わり目というのは、変化への対応が必要となり、 何かと不調や不具合も起こりやすいものです。 変化はお腹に影響を与えます。 それを整えるために、各季節の養生法があります。 秋の土用の養生法としては、...
養生法のこと · 2020/10/19
☆今週の言葉☆ 人生において もっとも大切な時 それはいつでも いまです (相田みつを) 長いと思っていた人生も あっという間に時が過ぎていきますね。 今を大切にしていくことが大切ですね(^^) (有野台薬品・漢方健康薬剤師 井上満弘)
養生法のこと · 2020/10/17
先日、「舌のふちにデコボコした歯形がついている人」について、 YouTubeでお話ししたところ、35万回ほど再生され、 そういった方は非常に多いんだなということを感じました。 漢方では、舌を見ることでその人の体の状態を知ることができるのですが、 それを「舌診」(ぜっしん)といいます。
養生法のこと · 2020/10/07
明日は、二十四節気の一つ「寒露」(かんろ)です。 暦の上では、朝露も一段と冷たく感じられ、秋も深まってくる頃とされます。 降ったり止んだりする時雨が終わると、ぐっと秋が深まります。 稲刈りが終わるのもこの時期です。 また、きのこ類が市場に出回り、栗を収穫する季節です。 きのこは東洋医学で、もっとも古くから用いられている生薬の一つです。...
養生法のこと · 2020/09/22
今日は、二十四節気のうちの一つ、「秋分」で、お彼岸の中日です。 この日、真東から昇った太陽は真西に沈み、昼と夜の時間がほぼ等しくなります。 北半球ではこの日を境に、次第に昼が短く、夜が長くなります。 この日をはさんだ前後7日間が「秋の彼岸」です。  「暑さ寒さも彼岸まで」と言われ、この日を境に寒さが増してくるとされます。...
養生法のこと · 2020/09/19
日中はまだまだ暑さが残っていますが、 だいぶ秋らしく過ごしやすい季節になってきました。 秋は「肺」が弱りやすい季節です。 新型コロナや風邪やインフルエンザなども肺・呼吸器系に関係した病気ですので、 肺が弱らないよう気を付けたいですね。 今回は、「肺」を元気にして秋を健やかに過ごすための養生法を...
養生法のこと · 2020/09/07
今日9月7日は、二十四節気のうちの一つ、「白露」(はくろ)です。 暦の上では、草木に朝露が宿る頃とされ、日、一日と秋の気配が深まっていきます。 夜間や明け方の気温低下がさらに加速して、 地面に接した空気の温度が露点以下に低下すると大気中の水蒸気が水滴となり、 草木の葉の上などに白く光る朝露が見られるようになるために「白露」と呼びます。...
養生法のこと · 2020/08/07
今日は、二十四節気のうちの一つ、「立秋」です。 暦の上では、今日から立冬の前日までが秋です。 夕方の涼やかな風に秋の気配も感じられるようになってくるころで、「秋立つ」ともいいます。 立秋以降の暑さを残暑といいます。 この日以降に出す手紙の時候の挨拶は「残暑見舞い」です。...
養生法のこと · 2020/07/22
今日は、二十四節気のうちの一つ、「大暑」(たいしょ)です。 一年中で最も暑い日という意味です。 しかし、実際に最も暑いのは8月上旬頃です。 大暑から次の二十四節気である立秋(8/7)までの間が、夏の絶頂期となります。 昨日、今日はとても暑いですね。 明日からの連休はまた雨が続くかもしれないですね(>_<)...

さらに表示する