鼻水がのどに流れたりしませんか?



こんな症状はありませんか?

□  鼻水がのどに流れる

 

□  のどがイガイガする

 

□  のどに違和感がある

 

□  のどがいつも痛い

 

□  いつも痰がからむ

 

□  長く話していると咳が出る

 

□  常に鼻炎である

 

□  咳が長引いている

 

 

 

それは「後鼻漏」かも!?

 

 1つでも上記のような症状がある場合は、後鼻漏の可能性があります。

 

 

お悩みの方は、当店へご相談ください。

 

 

なぜ、後鼻漏になるの?

後鼻漏(こうびろう)とは、鼻水がのどに流れてくる症状を言います。

後鼻漏によって、のどのイガイガや不快感、えへん虫、痰がからむ、よく咳込む、などの悩みを持つ人が多いです。

 

後鼻漏になる原因としては、副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎であることが多いです。

漢方的には「湿熱の邪」によるものが多いと考えます。

副鼻腔炎やアレルギー性鼻炎になる人の大元の原因は、副鼻腔や鼻の粘膜の弱りです。

粘膜が弱っているために、細菌・ウイルス・花粉・ハウスダスト・タバコの煙などの外からの異物が侵入しやすくなり、炎症が続き鼻水も多量に分泌されるのです。

この粘膜の弱りを治さない限り、後鼻漏はよくならないのです。

 

急性病と慢性病では治し方が違います

急性の場合は鼻水が前の方に流れることが多いですが、慢性の場合ほど鼻水が後ろへ流れるのが不快に感じやすくなります。

 

実は、急性の場合と慢性の場合では、そもそも治し方が違ってきます。

急性の場合は、原因が主に細菌感染やアレルギー反応による炎症等なので、主に抗生物質や抗アレルギー剤等の対症療法で対応することができます。こちらは西洋医学の得意分野です。

しかし、慢性の場合は、原因が細菌感染やアレルギーなどのよる炎症の反復と持続からくる粘膜の弱りや自然治癒力の低下なので、主に漢方薬や天然薬を用います。抗生物質や抗アレルギー剤等では粘膜の弱りをなおすことはできないのです。こちらは東洋医学の得意分野となります。 

 

当店では、漢方(東洋医学)の考え方により、漢方薬や天然薬をご提案させていただきます。

後鼻漏でお悩みの方は、当店へお気軽にご相談ください。


後鼻漏漢方相談

 

担当: 井上満弘

     薬剤師

     漢方薬・生薬認定薬剤師

     漢方アドバイザー 

 


初回相談は、お電話またはメールで来店日時をご予約ください。

 

初回のご相談には30~90分ほどお時間を頂き、あなたの状態や体質に合った方法をご説明させていただきます。

相談したからと言って必ずお薬を買わないといけないということもありませんし、相談料も無料です。 お気軽にご相談下さい。

すでにご予約が入っている場合や担当者不在のこともありますので、来店日時のご予約をお願いいたします。

 

 

後鼻漏のご相談は

 

有野台薬品     TEL:078-981-1246

 

神戸市北区有野台2丁目1-4       

 

営業時間 : 9:30~19:00         定休日 : 日曜