痔はお尻の病気ではありません!

こんなお悩みはありませんか?

□ お尻が痛い 

 

□  肛門がかゆい

 

□  お尻をふくと血がつく

 

□  イボが肛門の外に出てくる

 

□  肛門の外に血豆のような腫れができている

 

□  便が硬くて排便時にいきんでしまう

 

□  坐薬や軟膏を使っているが治らない

 

□  通販などでいろいろ試したが、治らない 

 

□  手術はしたくない

 

□  恥ずかしくて誰にも相談できない 

 

  

 

 

 

日本人の3人に1人が痔持ちであると言われています。

 


でも、恥ずかしくてなかなか相談しにくい病気だと思います。

 

 

私も若い頃、社会人1年目の時ですが、

大阪の調剤薬局に勤めていた時に痔になってしまいました。

 

その店で痔の薬を買えばよかったのですが、

女性ばかりの職場でしたし、恥ずかしくて、昼休みに隣の町まで行って

おじいさんがやっておられる個人の薬局で薬を買ったという経験があります。

 

 

今は、皆さん、ネットで痔の薬を買っているという方が多いのではないでしょうか。

 


ただ、実は痔はお尻の病気ではないので、

塗り薬や坐薬では治りません。

 

塗り薬や坐薬は、とりあえず痛みや腫れを抑える一時しのぎの薬です。


また、〇△ギノールAなどは、ステロイドが入っているので、

長期連長してしまうと余計治らなくなりますし、

最終的には痔瘻(じろう)という非常にやっかいな痔につながってしまう恐れもあるので、

長期連用は避けるようにしてください

 

 

では、どうすれば痔は治るのでしょうか??

 

 

どうすれば、痔は治るのか?

 

 

当店の井上満弘が、「痔の本当の治し方」について動画で解説しています。

 

是非、ご覧ください。

  ↓ ↓ ↓

 

 

 

 

 

痔でお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください。

 

痔の漢方相談

 

担当: 井上満弘

 

     薬剤師

     国際中医師

     漢方アドバイザー 

 

 

 

「恥ずかしくて相談しにくい」

と思われるかもしれませんが、

 

恥ずかしいからと通販などで購入したステロイド入りの軟膏や坐薬でごまかしていると、余計治りませんし、やっかいな状態を招いてしまいます。

 

恥ずかしがらずにお気軽にご相談ください。

 

 

当店の漢方健康相談は、他のお客様からは見えない奥のスペースで行いますので、ご安心してお越しください。

 

 

 

 

☆初回相談は、お電話またはメールで来店日時をご予約ください。

 

初回のご相談には60~90分ほどお時間を頂き、あなたの状態や体質に合った方法をご説明させていただきます。

 

相談したからと言って必ずお薬を買わないといけないということもありませんし、相談料も無料です。 お気軽にご相談下さい。

 

すでにご予約が入っている場合や担当者不在のこともありますので、来店日時のご予約をお願いいたします。

 

 

 

痔のご相談は

 

有野台薬品     TEL:078-981-1246

 

神戸市北区有野台2丁目1-4       

営業時間 : 9:30~19:00         定休日 : 日曜