漢方・東洋医学のこと

今回は、「芍薬甘草湯は毎日飲む薬ではありません! こむら返りを治すには?」というお話を 動画でお話ししました。 お時間あればご覧ください(12分2秒)    ↓ ↓ ↓
私は昔、アトピーでした。 最初は西洋医学の薬であるステロイド剤を使っていた時期がありました。 ステロイドを使うとすごくラクになります。 でも、やめてからのリバウンド、これが強烈につらかったです。 何倍もの苦しみが返ってきます。 薬というのは、いい効果がある反面、非常に怖いものなんだということを思い知りました。...
以前書いた記事、 漢方でよく言う「気血水」って何?? を今回は動画でお話ししました。 お時間あればご覧ください(^^) (7分12秒)     ↓ ↓ ↓
やせる漢方?! 脂肪をとる漢方?! として有名な「防風通聖散」ですが、 誰でも彼でも飲んでいい薬ではありません。   病院では、この人には合わないだろうという人に 大量に処方されていたり、 ネットやドラッグストアなどでもダイエット薬として よく売られています。 合わない人が飲むと、かえって体調を悪くしてしまいます。...
漢方でよく言う「気血水」。
漢方って、体にやさしくて安全なものというイメージがあると思います。 でも、薬は薬ですので、やはり副作用はあります。 今回は、よくある一般的なご質問、 「漢方って、副作用はないの??」 に動画でお答えさせていただきました。 お時間あればご覧ください(^^)(8分25秒)    ↓  ↓  ↓
皆さん、漢方って長く飲まないといけなくて、 効果が出るまでに時間がかかるというイメージがあると思います。 でも、病院の薬も何年、何十年と飲み続けておられる方ばかりですので、 漢方だから時間がかかるとはいえないと思います。 今回は、 「漢方って、長く飲まないとあかんのでしょ?」 というよくある質問に、 動画でお答えさせていただきました。...
明日2月3日は節分で、明後日2月4日は立春です。 立春というのは、二十四節気の一つです。 二十四節気というのは、1年(約365日)を24等分にして、季節の名称が付けられたものです。 24個あるうちの一番目で、冬至と春分のちょうど中間が「立春」と定められています。 立春の文字を見ると、春が始まるようなイメージですが、
なんだか体は不調なんだけど、 病院に行くほどでもない・・・ 病院で検査をしても異常はない・・・ □体が疲れやすい・・・ □体がだるい □疲れがとれない □食欲がない □体が冷える □肩こりがひどい □よく眠れない ・・・などなど、
未病(みびょう)という言葉をご存知でしょうか? 最近ではよく使われるようになってきた言葉ですが、 ちゃんとした意味はご存知ないという方も多いと思います。 未病という言葉は、漢方・東洋医学で使われてきた言葉で、 今から二千年も前の中国の医学書「黄帝内経」に初めて書かれています。

さらに表示する