漢方・東洋医学のこと

化粧水や美容液などを使っている方、多いと思いますが、 そういったものを塗っても実のところは意味がない、 という残念なお話を今回はさせて頂きます。 「肌は内臓の鏡」です。 きれいなお肌を作っていくためには、やはり内側からやっていくことが大切になります。 動画でお話ししていますので、お時間あればご覧ください(^^) ↓ ↓ ↓
専門薬局の会で作成された新しい五臓色体表をもらいました。
痰は、体内にたまった泥水のような余分なドロドロの水分です。 漢方(中医学)が指す痰には、2つのタイプがあります。 一つは、目で見ることができる、触ることができる、音を聞くことができる「見える痰」。 もう一つは、目で見ることができない、触ることができない「見えない痰」です。 精神的なストレスから生まれる痰のことといえます。...
私たちの体の60%は、水分でできています。 60%というのは大人の場合で、生まれたばかりの赤ちゃんでは80%なので、 ほとんど水のかたまりという感じです。 それだけ水は重要なものです。 ただ、だからといって水が多すぎても問題で、あまりに多い水は内臓の働きを弱めてしまい、 病気の原因になります。 漢方ではこれを「水毒」と言います。...
愛知県は8日、承認を受けたのとは異なる方法で医薬品を製造し、記録を偽造したなどとして、 医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき松浦薬業(名古屋市)と同社工場(同県武豊町)に32~34日間の業務停止命令を出したそうです。 同社は同日までに「マツウラ葛根湯エキス」などの漢方製剤117品目、計約310万個の自主回収を始めています。...
風邪を引いたら葛根湯を飲まれるという方、非常に多いですよね。 でも、どんな風邪でも葛根湯が効くというわけではありません。 葛根湯が効く風邪と効かない風邪があります。 では、夏風邪の場合はどうなのでしょうか? 今回は、夏風邪に葛根湯が効かないのかどうか、 夏風邪の漢方薬について動画でお話しました。 お時間あればご覧ください(7分47秒)...
今回は、 冷え症・花粉症・風邪をひきやすい・・・など、 冬の病は治しなさい というお話を動画でさせていただきました。 お時間あればご覧ください(4分23秒) ↓ ↓ ↓
いきなりですが、質問です。 あなたが何か病気があったとしたら、 どちらを選びますか? A.すぐに効く薬 B.ジワジワと治していく薬 大抵の方は、Aと答えるのではないでしょうか。 そりゃあ、すぐ効く方がいいですよね。 でも、本当にAの薬で良いのでしょうか?...
2018年の日本の一般用漢方薬の売り上げは533億円だったそうです。 その約40%を葛根湯と防風通聖散が占めているそうです。 この2つの処方だけでです。 どちらの処方も、 誰もが服用してもいい処方というわけではありません。 合わない人が服用すると害が出たり、 余計悪化したりする可能性があります。 特に防風通聖散は、漢方薬の中でも特に弊害が多い処方です。...
今回は、「芍薬甘草湯は毎日飲む薬ではありません! こむら返りを治すには?」というお話を 動画でお話ししました。 お時間あればご覧ください(12分2秒)    ↓ ↓ ↓

さらに表示する