漢方・東洋医学のこと

私たちの体の60%は、水分でできています。 60%というのは大人の場合で、生まれたばかりの赤ちゃんでは80%なので、 ほとんど水のかたまりという感じです。 それだけ水は重要なものです。 ただ、だからといって水が多すぎても問題で、あまりに多い水は内臓の働きを弱めてしまい、 病気の原因になります。 漢方ではこれを「水毒」と言います。...
愛知県は8日、承認を受けたのとは異なる方法で医薬品を製造し、記録を偽造したなどとして、 医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき松浦薬業(名古屋市)と同社工場(同県武豊町)に32~34日間の業務停止命令を出したそうです。 同社は同日までに「マツウラ葛根湯エキス」などの漢方製剤117品目、計約310万個の自主回収を始めています。...
風邪を引いたら葛根湯を飲まれるという方、非常に多いですよね。 でも、どんな風邪でも葛根湯が効くというわけではありません。 葛根湯が効く風邪と効かない風邪があります。 では、夏風邪の場合はどうなのでしょうか? 今回は、夏風邪に葛根湯が効かないのかどうか、 夏風邪の漢方薬について動画でお話しました。 お時間あればご覧ください(7分47秒)...
今回は、 冷え症・花粉症・風邪をひきやすい・・・など、 冬の病は治しなさい というお話を動画でさせていただきました。 お時間あればご覧ください(4分23秒) ↓ ↓ ↓
いきなりですが、質問です。 あなたが何か病気があったとしたら、 どちらを選びますか? A.すぐに効く薬 B.ジワジワと治していく薬 大抵の方は、Aと答えるのではないでしょうか。 そりゃあ、すぐ効く方がいいですよね。 でも、本当にAの薬で良いのでしょうか?...
2018年の日本の一般用漢方薬の売り上げは533億円だったそうです。 その約40%を葛根湯と防風通聖散が占めているそうです。 この2つの処方だけでです。 どちらの処方も、 誰もが服用してもいい処方というわけではありません。 合わない人が服用すると害が出たり、 余計悪化したりする可能性があります。 特に防風通聖散は、漢方薬の中でも特に弊害が多い処方です。...
今回は、「芍薬甘草湯は毎日飲む薬ではありません! こむら返りを治すには?」というお話を 動画でお話ししました。 お時間あればご覧ください(12分2秒)    ↓ ↓ ↓
私は昔、アトピーでした。 最初は西洋医学の薬であるステロイド剤を使っていた時期がありました。 ステロイドを使うとすごくラクになります。 でも、やめてからのリバウンド、これが強烈につらかったです。 何倍もの苦しみが返ってきます。 薬というのは、いい効果がある反面、非常に怖いものなんだということを思い知りました。...
以前書いた記事、 漢方でよく言う「気血水」って何?? を今回は動画でお話ししました。 お時間あればご覧ください(^^) (7分12秒)     ↓ ↓ ↓
やせる漢方?! 脂肪をとる漢方?! として有名な「防風通聖散」ですが、 誰でも彼でも飲んでいい薬ではありません。   病院では、この人には合わないだろうという人に 大量に処方されていたり、 ネットやドラッグストアなどでもダイエット薬として よく売られています。 合わない人が飲むと、かえって体調を悪くしてしまいます。...

さらに表示する